施術者に対するLightaSheer Diode Laser Systemの解説

選択的光加熱分解論

LightSheer Diode Laser Systemは、皮膚形成レーザー治療機の基礎とも言え る選択的光加熱分解論に基づき、その理論を提唱したハーバード大学にて開発されました。

波長800nm のLightSheerダイオードレーザーシステムの作用機序と臨床使用における方法を 以下に記します。

Selective Photothermolysis (選択的光加熱分解論)

選択的光加熱分解論にもとづき、脱毛のメカニズムを考えます。

表皮の熱緩和時間を5ms、毛の熱緩和時間を40〜80ms (毛の直径200〜400ミクロン)とすれば、表皮の熱緩和時間より長く、毛の熱緩和時間より短ければ毛はレーザーのエネルギーを吸収し放出できずにダメージを受ける事になります。

つまり、レーザー脱毛のためには、6ms以上39ms以下である事が必要となります。

したがって、パルス幅の決め方は、そのパルスエネルギーとの相関関係も重要な 要素でありますが、基本的に、選択性のある範囲に自動的に設定する事で、表皮に ダメージを与えず目標となる組織(毛)だけを破壊する事が可能となります。

LightSheerは、5〜30msのパルス幡を設定できるので、毛の太さによって調節できます。又、何よりもLightSheerの魅力はその発振媒体であるダイオードが消耗せず、メンテナンスが圧倒的に少ないという点です。

レーザー脱毛器【家庭用】

レーザー脱毛器の選び方
家庭用脱毛器の体験談
家庭用と医療用の違い
レーザー脱毛器による脱毛と針脱毛

レーザー脱毛器【医療用】

ダイオードレーザーによる脱毛
選択的光加熱分解論
医療レーザー脱毛/術前処置
スキンタイプの観察とテスト照射
エネルギー設定/本照射
術後の処置
一般的な禁忌

お問い合わせ

ABOUT

今まで、レーザー脱毛を検討されている方には、LightaSheer(ライトシェア)を備え付けている医療機関へ行かれことをおすすめしてまいりましたが、最近は安全で強力な家庭用のレーザー脱毛器が日本にも輸入されるようになり、自宅で好きな時間に、自分のペースできちんとした脱毛を行うことが可能とまりました。

このサイトでは、最近海外(特にアメリカ)から輸入されている優秀な「家庭用レーザー脱毛器」の選び方、問題点などに関するレポート及び、最先端の機能を備えたレーザー脱毛器として多くの医療機関で採用されている Lumenis社LightaSheer の施術などに関して掲載したいと思います。