施術者に対するLightaSheer Diode Laser Systemの解説

医療レーザー脱毛/術前処置

自然発毛

医療レーザー脱毛の施術を受けようとする患者は、2週間以上その部位の毛を自然に生やしておく必要があります。この間は決して脱毛クリームの使用、剃毛、毛抜きをしないよう、事前にお知らせしておいてください。

自己処理をされると、脱毛効果に特に大きな差が出るわけではありませんが、以下の問題が発生する可能性があります。

剃毛により表皮に傷が付きます。これはレーザー脱毛後に表皮に副作用を招くことがあります。

脱毛クリームで脱毛した場合、埋没毛を発生させることがあります。その状態でレーザー脱毛を行うと、痒み等の原因になります。

ワキ、ビキニラインの毛は方向が判りません。方向が分かれば皮下にて毛が寝る方向を見極め、その方向に少し押し込んで照射する事で、この機器の性能を最大に発揮させることが可能です。

自己処理をされてくる患者さんは多いのですが、自己処理では完全な剃毛がなさないことが多く、施術の前に再度剃毛をする必要があります。レーザー照射時に表皮に毛が少しでも出ていると、表皮上で燃えますので、痛みが増します。

観察

スキンタイプと皮膚の状況、毛の生えている方向を確認する。メザメーターMX16(色素計)等を用いる事をおすすめします。しかし、脱毛レーザー装置のパラメーターを決定する最大要因はスキンタイプ(ST)です。(フィッパトリック M.D.ph.D.皮膚6分類)

  • ST-1:白人
  • ST-2:日焼けをするといつも赤くなる=めったに黒くならない。
  • ST-3:日焼けをすると時々赤くなる=時々黒くなる。
  • ST-4:日焼けをするとめったに赤くならない=大抵黒くなる。
  • ST-5:日焼けをしても赤くならない=絶対に黒くなる。
  • ST-6:黒人

解説

適切なレーザー照射エネルギーの設定はテスト照射によって決定するべきです。スキンタイプは術後の副作用の危険度合を知るバロメーターになります。

剃毛

剃毛の際、表皮をうすく削らない様、ルブリカント等刺激の無いジェルを使います。 剃り残しがあると、照射されたレーザーが吸収され、表皮上で破壊されるため熱く感じます。

来院前に剃毛を指示されましても、十分に剃毛して来ない患者さんがいます。表皮上で破壊され熱く感じてしまいます。

しかし、表皮上で破壊された毛は、レーザー照射口のサファイアチップに付着し、そのまま長期間使用されるとサファイアチップを痛める事になります。施術中はガーゼなどで拭き取りながら照射して下さい。

前処置

レーザー照射部位の消毒にアルコール等、刺激性、揮発性のものを使用しないこと。

大腿部、背中等広範囲の照射を行う場合は、照射部位にルブリカント等のジェルを薄く塗付します。

ジェルを薄く塗付することで、スライディング照射が出来るためハンドピースの重量が気になりません。

スライデンング照射

トリガースイッチを引き続けて照射します。1HZ(一秒間に一発照射)ですので、フリービーム照射方式の機 器と同じスピードで施術できます。

レーザー脱毛器【家庭用】

レーザー脱毛器の選び方
家庭用脱毛器の体験談
家庭用と医療用の違い
レーザー脱毛器による脱毛と針脱毛

レーザー脱毛器【医療用】

ダイオードレーザーによる脱毛
選択的光加熱分解論
医療レーザー脱毛/術前処置
スキンタイプの観察とテスト照射
エネルギー設定/本照射
術後の処置
一般的な禁忌

お問い合わせ

ABOUT

今まで、レーザー脱毛を検討されている方には、LightaSheer(ライトシェア)を備え付けている医療機関へ行かれことをおすすめしてまいりましたが、最近は安全で強力な家庭用のレーザー脱毛器が日本にも輸入されるようになり、自宅で好きな時間に、自分のペースできちんとした脱毛を行うことが可能とまりました。

このサイトでは、最近海外(特にアメリカ)から輸入されている優秀な「家庭用レーザー脱毛器」の選び方、問題点などに関するレポート及び、最先端の機能を備えたレーザー脱毛器として多くの医療機関で採用されている Lumenis社LightaSheer の施術などに関して掲載したいと思います。