施術者に対するLightaSheer Diode Laser Systemの解説

スキンタイプの観察とテスト照射

スキンタイプの観察及び問診により、通常は3種類の照射エネル ギーを選択し、同部位のなかで3カ所マーキングしてテスト照射します。

例:14/16/18j/cm2 16/18/20j/cm2 18/20/22j/cm2

テスト照射の約10分後に毛穴周囲の発赤、全体の軽い浮腫が見られるかをそれぞれ観察します。 部位によっての反応がそれぞれ違うので、複数の部位を脱毛する場合は、各部位ごとに テストを行なうべきです。表皮が耐え得る最大のエネルギーに比例して脱毛効果は高まりますが、 ダメージが大きく毛穴周囲の発赤、全体の軽い浮腫が長く治まらないようでは問題ですので、 1回目の施術は慎重に行うべきです。

解説

テスト照射の後、皮膚反応の観察は必ず10分後に行うこと。

毛自体に吸収されそれを破壊したレーザーエネルギーが伝導し、 毛包を通じて表皮に現われるまでに10分間を要しますので、表皮の反応はこの時点で観察し判断します。

テスト照射の目安

(2j/cm2おきに照射し、約10分後に判定)
スキンタイプ2 18、20、22 or 20、22、24 j/cm2
スキンタイプ3 16、18、20 or 18、20、22 j/cm2
スキンタイプ4 16、18、20 or 18、20、22 j/cm2

脱毛パラメーター(案)

部位

エネルギー

パルス幅

備 考

ヒゲ(♂)

12〜16 J/cu

30ms

2回目以降細くなったらAutoModeの使用をお勧めします。

ヒゲ(♀)

12〜16 J/cu

Auto

上眼瞼等の照射には眼球シールを装着して下さい。

胸毛(♂)

16〜20 J/cu

Auto/30ms

胸骨上の薄い皮膚により思わぬ反応ご注意下さい。

腋窩

18〜24 J/cu

30ms

2回目以降Hairが細くなりましたらAutoModeを使用します。

腕/肢

18〜24 J/cu

Auto

伸屈のある部位である為、比較的効果が出易い部位です。

Vゾーン

18〜24 J/cu

30ms

色素沈着のある部位は比較的長めに当てます。2回目以降はAuto Mode

解説

  1. 学会での発表等によれば、太い硬毛にはエネルギーに関係なくパル ス幅が長い方が効果があるようです。その為、30msにセットする事をお薦め します。比較的、細い軟毛にはAuto Modeの効果が優れています。これは対象物質 が小さくなる為、短いパルス幅が有効となるからだと考えられております。 しかし、エネルギーの決定は、必ずテスト照射の結果を重視して施術して下 さい。
  2. 個人差がありますので、光加熱反応に敏感な方には、目安より低めの値を選択して下さい。
  3. 広範囲の照射には超音波ジェルを薄く塗布し、スライディングテクニックを使うと スピーディであり、術者が楽です。

副作用

照射直後の赤斑、浮腫は一般的には数時間後に軽快しますが、時に消退し なかったり、紫斑や表在性びらんが認められる場合があります。

色素脱失、色素沈着も個人差により生じる事もありますが、一過性かつ軽 度ですので一般的には数ヵ月のうちに自然軽快します。

レーザー脱毛器【家庭用】

レーザー脱毛器の選び方
家庭用脱毛器の体験談
家庭用と医療用の違い
レーザー脱毛器による脱毛と針脱毛

レーザー脱毛器【医療用】

ダイオードレーザーによる脱毛
選択的光加熱分解論
医療レーザー脱毛/術前処置
スキンタイプの観察とテスト照射
エネルギー設定/本照射
術後の処置
一般的な禁忌

お問い合わせ

ABOUT

今まで、レーザー脱毛を検討されている方には、LightaSheer(ライトシェア)を備え付けている医療機関へ行かれことをおすすめしてまいりましたが、最近は安全で強力な家庭用のレーザー脱毛器が日本にも輸入されるようになり、自宅で好きな時間に、自分のペースできちんとした脱毛を行うことが可能とまりました。

このサイトでは、最近海外(特にアメリカ)から輸入されている優秀な「家庭用レーザー脱毛器」の選び方、問題点などに関するレポート及び、最先端の機能を備えたレーザー脱毛器として多くの医療機関で採用されている Lumenis社LightaSheer の施術などに関して掲載したいと思います。