施術者に対するLightaSheer Diode Laser Systemの解説

術後の処置

レーザー照射部位の消毒にアルコール類、刺激性、揮発性 のものは使用しない。

照射部位に残った焼けた毛(ポップアップした毛)はそのままにするか、清潔 な濡れたガーゼで拭き取ってください。

術後の冷却はされなくても表皮の変化は変わりません。 全体に熱を持っている感じであれば、軽く絞ったタオル等 で冷却します。

感染の恐れがある場合、感染予防のクリームを処方され ても良いですが、何も付けない場合もある様です。

施術当日は、熱い風呂、サウナは避けていただき、発赤、 軽い浮腫が収まっていない場合はその期間、刺激しないようここごがけます。 軽い痒みがあっても掻き過ぎますと化膿します。

照射部位が日光に晒される場合は、外出の際、必ずSPF の高い遮光クリームを使用し、過度の日射を避けます。

解説

術後の表皮反応はいずれも一過性です。しかし、スキンタイプにより様々な反応が考えられます。術後は軽く冷やし、通常、感染防止のクリームを3日分程処方します。

施術間隔

4〜8週間を2回目の施術の目安とします。

毛の成長期、休止期、退行期のサイクルから、1ヵ月以上空けることが学会等で指導されております。部位にもよりますが、3回〜5回の照射で再生毛は無くなります。これが永久脱毛かどうかは証明されておりません。

脱毛レーザー治療を行なう場合でも、通常のレーザー治療と同じく患者さん の体質や高い理解度が必要です。

レーザー脱毛器【家庭用】

レーザー脱毛器の選び方
家庭用脱毛器の体験談
家庭用と医療用の違い
レーザー脱毛器による脱毛と針脱毛

レーザー脱毛器【医療用】

ダイオードレーザーによる脱毛
選択的光加熱分解論
医療レーザー脱毛/術前処置
スキンタイプの観察とテスト照射
エネルギー設定/本照射
術後の処置
一般的な禁忌

お問い合わせ

ABOUT

今まで、レーザー脱毛を検討されている方には、LightaSheer(ライトシェア)を備え付けている医療機関へ行かれことをおすすめしてまいりましたが、最近は安全で強力な家庭用のレーザー脱毛器が日本にも輸入されるようになり、自宅で好きな時間に、自分のペースできちんとした脱毛を行うことが可能とまりました。

このサイトでは、最近海外(特にアメリカ)から輸入されている優秀な「家庭用レーザー脱毛器」の選び方、問題点などに関するレポート及び、最先端の機能を備えたレーザー脱毛器として多くの医療機関で採用されている Lumenis社LightaSheer の施術などに関して掲載したいと思います。