施術者に対するLightaSheer Diode Laser Systemの解説

以下に一般的な禁忌を確認致します。

  1. ケロイド瘢痕化の既往
  2. 処置部位の活動性感染(強い痒み等)または単純ヘルペスの既往
  3. 治療開始前6週間以内の脱毛剤(ワックス等)の使用
  4. ハイドロキノンその他の脱色剤に対する過敏症
  5. 治療開始前6ヵ月以内の経ロイソトレチノインの使用

種々の要因にてレーザー脱毛治療が継続できない患者さんがいらっしゃいま す。テスト照射観察にて把握できますが、他のレーザー治療に同じく充分なイ ンフォームドコンセントを実施して下さい。

レーザー脱毛器【家庭用】

レーザー脱毛器の選び方
家庭用脱毛器の体験談
家庭用と医療用の違い
レーザー脱毛器による脱毛と針脱毛

レーザー脱毛器【医療用】

ダイオードレーザーによる脱毛
選択的光加熱分解論
医療レーザー脱毛/術前処置
スキンタイプの観察とテスト照射
エネルギー設定/本照射
術後の処置
一般的な禁忌

お問い合わせ

ABOUT

今まで、レーザー脱毛を検討されている方には、LightaSheer(ライトシェア)を備え付けている医療機関へ行かれことをおすすめしてまいりましたが、最近は安全で強力な家庭用のレーザー脱毛器が日本にも輸入されるようになり、自宅で好きな時間に、自分のペースできちんとした脱毛を行うことが可能とまりました。

このサイトでは、最近海外(特にアメリカ)から輸入されている優秀な「家庭用レーザー脱毛器」の選び方、問題点などに関するレポート及び、最先端の機能を備えたレーザー脱毛器として多くの医療機関で採用されている Lumenis社LightaSheer の施術などに関して掲載したいと思います。