施術者に対するLightaSheer Diode Laser Systemの解説

ダイオードレーザーによる永久脱毛へのアプローチ

永久脱毛器

ダイオードレーザー脱毛機に使われているダイオード(半導体)は、元々産業用のレーザー装置として以前から使用され、LSIヘマイクロホールを空けるなど微細な工程を担ってきました。

この産業分野で改善が行われてきたレーザー機器を、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のR.RoxAnderson,MD.は1994年よりロングパルスルビーレーザー装置として開発し、世界初の脱毛専用レーザー機器が誕生しました。

同研究所において、このレーザー機器がスキンタイプ3以上(後述)の患者に対して安全であることを確認できなかったので、選択的光加熱分解論によって条件に見合い、また、高い耐久性を持つダイオードレーザーを脱毛レーザー機器として選択し、1996年7月より臨床治験を開始しました。

ダイオードレーザー(後のlightSheer)には、R. RoxAnderson,M.D.がパテントを持つCooling System(Chill Tip)が採用され、理想的な治験成績のもと1997年12月、脱毛レーザー機器としてアメリカFDAの認可を受けました。

FDAはこのレーザー機器にHair Removalの認可を与え、1998年にはParmanent Hair Removalのレーザー機器として認可しました。

レーザー脱毛器【家庭用】

レーザー脱毛器の選び方
家庭用脱毛器の体験談
家庭用と医療用の違い
レーザー脱毛器による脱毛と針脱毛

レーザー脱毛器【医療用】

ダイオードレーザーによる脱毛
選択的光加熱分解論
医療レーザー脱毛/術前処置
スキンタイプの観察とテスト照射
エネルギー設定/本照射
術後の処置
一般的な禁忌

お問い合わせ

ABOUT

今まで、レーザー脱毛を検討されている方には、LightaSheer(ライトシェア)を備え付けている医療機関へ行かれことをおすすめしてまいりましたが、最近は安全で強力な家庭用のレーザー脱毛器が日本にも輸入されるようになり、自宅で好きな時間に、自分のペースできちんとした脱毛を行うことが可能とまりました。

このサイトでは、最近海外(特にアメリカ)から輸入されている優秀な「家庭用レーザー脱毛器」の選び方、問題点などに関するレポート及び、最先端の機能を備えたレーザー脱毛器として多くの医療機関で採用されている Lumenis社LightaSheer の施術などに関して掲載したいと思います。