自宅用レーザー脱毛器の選び方と注意点を、医療レーザーを使ってきた元医療従事者である管理人が解説します。

レーザー脱毛器による脱毛と針脱毛について

自宅用レーザー脱毛器がある現在、痛〜い針脱毛は問題外のように思われるが、部位によっては今も有効に使われているとか…?

医療機器としてのレーザーは医療機関でなければ使えませんが、自宅用レーザー脱毛器の普及が始まった今般、レーザー脱毛は身近なものになってきました。しかし現在使われているようなダイオードレーザーによる脱毛が行われる前は、針脱毛が主流でした。

針脱毛はレーザーを照射するかわりに、毛根の1本1本に針から電気を通して毛包にダメージを与えその機能を失わせるものです。確かな脱毛効果はありましたが、かなりの痛みが伴うために脱毛を躊躇する方がたくさんいました。

レーザーでの脱毛でも、敏感な部分や男性のヒゲなど太い毛が密集している部分は特に痛みを感じます。部位や肌の状態によってレーザーの使い方も違います。

また、レーザー機器もどんどん新しくなっています。光の波長を調整することで、安全性を増すこともできるようです。まゆげなどの細かいデザインが必要な部分を含む場合など、針脱毛とレーザー脱毛を部位ごとに使い分けることで、的確な脱毛施術を行うクリニックもあります。

クリニックで脱毛を行う場合、脱毛方法には多少差がありますので、どういった脱毛をしてもらうかを事前に検討する必要があります。無料でカウンセリングを行っているクリニックも多いので、あらかじめ確認しましょう。

レーザー脱毛器【家庭用】

レーザー脱毛器の選び方
家庭用脱毛器の体験談
家庭用と医療用の違い
レーザー脱毛器による脱毛と針脱毛

レーザー脱毛器【医療用】

ダイオードレーザーによる脱毛
選択的光加熱分解論
医療レーザー脱毛/術前処置
スキンタイプの観察とテスト照射
エネルギー設定/本照射
術後の処置
一般的な禁忌

お問い合わせ

ABOUT

今まで、レーザー脱毛を検討されている方には、LightaSheer(ライトシェア)を備え付けている医療機関へ行かれことをおすすめしてまいりましたが、最近は安全で強力な自宅用のレーザー脱毛器が日本にも輸入されるようになり、自宅で好きな時間に、自分のペースできちんとした脱毛を行うことが可能とまりました。

このサイトでは、最近海外(特にアメリカ)から輸入されている優秀な「自宅用レーザー脱毛器」の選び方、問題点などに関するレポート及び、最先端の機能を備えたレーザー脱毛器として多くの医療機関で採用されている Lumenis社LightaSheer の施術などに関して掲載したいと思います。

Valid XHTML 1.0 Transitional

Valid CSS!

W3C World Wide Web Consortium