自宅用レーザー脱毛器の選び方と注意点を、医療レーザーを使ってきた元医療従事者である管理人が解説します。

自宅用レーザーと医療レーザーの違い

●毛深いことに相当悩んで、いろいろな脱毛方法を試してきました

自宅用脱毛器(全体像)

医療機関や美容クリニックなどでのみ扱える美容機器に、医療レーザーがあります。医療従事者の資格を所有する人でなければ、医療レーザーは扱えません。一方自宅用レーザー脱毛器は、安全性を重視した構造となっており、一般ユーザーでも問題なく使えるものです。

医療レーザーをエステティックサロンなどでは使用することが許可されていません。ほくろ、イボに照射して除去する、あるいは脱毛の処理に使うなどの利用ができます。

脱毛の施術に用いる医療レーザーの機器はアメリカで製造されたものが多く、アメリカ食品医薬品局(FDA)のチェックをパスしたものが日本国内に輸入されています。医療レーザー機器を使用した美容施術は、医療行為になる為に、医師のみに使用が許可されています。

自宅用レーザー脱毛器は安全面で優れておりますが、ハイパワーで処置できる医療レーザーに比べ、時間がかかります。

●毛根と毛胞を熱処理できるパワーを持つ自宅用レーザーは?

トリア・プラス脱毛器

医療レーザーは脱毛の他色々な使用がされており、以前までは女性を主に利用者の多い美容施術の1つでしたが、最近は顔(ひげ)の脱毛にも対応した自宅用レーザー脱毛器が開発され、お手入れを簡単にしたい男性の購入が増えているそうです。

自宅用としては、

  1. 毛根と毛胞を熱処理できるパワーがあり、
  2. 顔(ひげ)にも使えるよう安全性にも配慮されたレーザー脱毛器

を選ぶべきでしょう。最近は、これらの条件を満たす機種も わずかですが輸入されるようになりました。

レーザー脱毛器【家庭用】

レーザー脱毛器の選び方
家庭用脱毛器の体験談
家庭用と医療用の違い
レーザー脱毛器による脱毛と針脱毛

レーザー脱毛器【医療用】

ダイオードレーザーによる脱毛
選択的光加熱分解論
医療レーザー脱毛/術前処置
スキンタイプの観察とテスト照射
エネルギー設定/本照射
術後の処置
一般的な禁忌

お問い合わせ

ABOUT

今まで、レーザー脱毛を検討されている方には、LightaSheer(ライトシェア)を備え付けている医療機関へ行かれことをおすすめしてまいりましたが、最近は安全で強力な自宅用のレーザー脱毛器が日本にも輸入されるようになり、自宅で好きな時間に、自分のペースできちんとした脱毛を行うことが可能とまりました。

このサイトでは、最近海外(特にアメリカ)から輸入されている優秀な「自宅用レーザー脱毛器」の選び方、問題点などに関するレポート及び、最先端の機能を備えたレーザー脱毛器として多くの医療機関で採用されている Lumenis社LightaSheer の施術などに関して掲載したいと思います。

Valid XHTML 1.0 Transitional

Valid CSS!

W3C World Wide Web Consortium